蹄のケア:バンデージを巻く

こんにちは、みなさん!

2016年の最初のブログです。

今年も明けて一ヶ月経ちましたね、みなさんどうお過ごしですか?

 

ここでは、今ジャクソンとしていることをみなさんに共有したいと思います。

——

2015年の年末、ジャクソンが爪を踏み、その爪が右前足の蹄に刺さりました。蹄叉のすぐ横に刺さったみたいです。

冬休みも始まり、家族と友達に会いに日本に帰ってきたすぐ後に友達からこういう報告がありました。

動画を送ってもらい、あまりにもひどくびっこを引き歩いていたので、ずごく心配し、友達に頼み、獣医さんに診てもらいました。獣医さんに蹄を診てもらうと、蹄の中に膿瘍ができていることが分かり、それがびっこの原因だということになりました。

獣医さんは、蹄に穴を開け、膿瘍をできるだけ取ってくれました。

——

テキサスに帰ってきて、ジャクソンに会いに行くと、まだびっこを引いて歩いてました。思った以上に治りが遅いので、もう一回獣医さんに診てもらいました。もう一つ膿瘍ができているかもしれないとのこと。獣医さんは、2日に一回エプソム塩を蹄の中に入れて、バンデージをしっかりして、蹄の中が常に乾燥しててきれいな状態を保つようにしましょう、とアドバイスをくれました。

これは、自由な環境でトレーニングができる機会っ!

以前、ジャクソンと前足の足上げトレーニングをしていました。私が蹄をきれいにしたり、裏彫りしている間いいバランスを保ちながら一本の足を上げて維持する継続時間、そして足上げのキューのトレーニングをジャクソンとしていました。

今は、肘を人差し指と中指で二回軽くタップするという触覚のキューが足上げのキューとしてあります。

IMG_2635.jpeg

 

今まで、蹄をきれいにしたり、裏彫りをするときは、自由な環境でしていました。

ここでの自由な環境ていうのは、他の馬たちが参加してこないように、ドアを閉めて室内の空間の中で、無口やリードロープをジャクソンにつけないでトレーニングをする環境のことです。ジャクソンは、自由に動くことができます。この環境下では、バランスを崩したときや、私がしていることが不愉快で、気持ち悪かったりしたときには、なるべく自由に動けます。

もしこの自由な環境で蹄のケアをすると、ジャクソンはどういう反応をするか?

蹄のケアの間、足を上げたままで、いろんな刺激があります。そういう環境・刺激下で、ジャクソンの今のスキル、そしてリラックスを保つことができるか、見当もつきませんでした。

でも、今のジャクソンを知るためにも、ゆっくりやってみようと思いました。

——

これが蹄のケアの流れの動画です。

——

ジャクソンのすべての反応・行動に驚きました。

蹄のケアは全て30分ほどかかりました。その間、ジャクソンは、私のキューに反応し+前足を上げ+私がバンデージで包んでいる間いいバランスで足上げを維持できてました。

一回だけ、ジャクソンは少しバランスを崩しました。でも、食べ物をある位置で出すことによって、3本の足を特定の位置に持っていけ、ジャクソンのバランスを立て直すことができ、引き続きケアができました。

ここで、今までしてきたことは今こういう形で役に立ち、有意義なことなんだなぁ、としみじみ実感しています。過去のトレーニングは、今やっていることが成功するようにへ導いてくれます。

過去のトレーニング=強化の歴史で、嫌悪な経験となりうることを、ストレスを少なくさせ、嫌悪レベルも低くできます。もちろん、やっているその時、私たちが動物たちにしていることを客観的に観察し、動物たちが何をどんなふうに反応しているかも観察する必要があります。彼らの反応をものに、私たちは環境、クライテリア(基準)そして私たちの行動を工夫していきます。いつでも、どこでも、なににたいしても。

 

このジャクソンの蹄の怪我で、私はハズバンダリーのトレーニング・行動にとても興味を持ちました。なぜなら、こういうトレーニングを日常的にしていると、未来に起こりうる怪我のケアや医療過程でのストレス・困惑を軽減することができる。もっといいことには、そういう過程を、強化を得れチャンスに変えることができる。

——

注:ハズバンダリートレーニングとは、動物たちの体のメンテナンスやケア、人が動物たちにする日々のことに対し、動物たちが積極的にその過程に参加し協力してくれる行動のトレーニングを指します。

ハズバンダリーが起こる環境の例では、医療過程(注射、虫下し、バンデージを巻く、など)、体のメンテナンス(爪切り、裏彫り、グルーミング、トリミング、歯磨き)、AからBへの場所移動、ゲート周辺、ステーショニング、クレート、トレーラーなど、あげるともっとあります。

これらは、日々起こることで、これらをスムーズにできるように、日々動物たちとそのときに必要な行動を正の強化を使いトレーニングし、そういう場合でも動物たちが積極的に参加し協力してくれることはとても大事なことだと思います。動物たちと喧嘩せず、そして、私たちの安全面にもハズバンダリートレーニングや行動は大切になってきます。

ハズバンダリートレーニングは動物たちが人と暮らすことにあたってとても大事なトレーニングであり、動物たちと暮らす私たちができることです。

——

ハズバンダリートレーニングは、ジャクソンの生活の質の向上につながります。

ジャクソンの生活の質の向上につながるならば、私はハズバンダリートレーニングをもっと深く知り、学び、トレーニングしたいと思います!

 

馬と人の。

よりよい生活へ。

私の軸になっている目標です。

 

IMG_3051.jpeg

 

あなたはどんなハズバンダリー行動をトレーニングしますか?

——

最後に、

ジャクソンのぶひぶひ動画。

これは休憩中です。

私はトリーツを車にとり行き、ジャクソンにはバケツにトリーツをあげました。それを食べ終わったみたいですね。ぶひぶひ言い始めました。

ジャクソンのぶひぶひと鳴く行動を実際に測ったことはないが、この行動が徐々に増えてきていると感じるこの頃。

低くて、太い声、いいですね〜。

強化します!

 

——

ここまで動画に文章、見て読んでくださりありがとうございます。

 

引き続き、望ましい行動に目をやり、そのまま強化しましょう〜!