Events

セミナーや講演に関する情報を記載しています。

主催者(セミナーホスト)募集終了いたしました(2016.12.28):
よりよいアニマル・ケア&トレーニングのための応用行動分析学セミナー 2016-2017「感情と随伴&MO」

正の強化を知って、それで満足してしまっていないでしょうか? 専門用語を当てはめることに夢中になって動物不在のトレーニングをしていないでしょうか? 正の強化を使っているからといって、いいトレーニングが提供できているとは限りません。本当に動物が楽しく快適にトレーニングに参加できる環境を提供しているでしょうか? それをどうやって確かめていますか? 私たちは、私たちの管理・飼育下にある動物たちに、よりよいトレーニングとよりよい生活を提供するための応用行動分析学(ABA:Applied Behavior Analysis)の知識と技術の普及を目指し活動しています。このセミナーシリーズでは、他では教わる機会の少ないより踏み込んだ視点から、よりよいトレーニング、よりよい環境作りについて考えていきます。

今回の2016-2017版のテーマは、「感情と随伴」と「MO」です。
※テーマの変更はありませんが、内容については予告なく変更する場合があります。

ーーーーー

第一部:感情と随伴 (Emotion and contingency)(1.5時間)

講師:齋藤美紀, CPDT-KA

行動分析学は、動物を機械のように考えているとか、学習者の感情を無視しているといわれることがあります。また、正の強化を使っているから、いいトレーニングをしていると考えている人も少なくありません。しかし、どちらも正しくありません。こうしたことは、学習理論を聞きかじり、行動のしくみや行動減少に伴う苦痛の発現とそのための対策について十分な知識を持たないままになっていることによる問題です。この講義では、行動分析学では感情をどう捉えているのか、なぜ感情を分析の対象にしないのか、なぜ感情は行動の理由ではないのかなど、動物たちを誤解しないために、苦痛を放置したり、与えたり、無視したりしないために、行動の責任を彼らに押し付けないために、知っておくべきことを、具体的な例を交えわかりやすくお伝えします。

この講義を通して、動物たちが抱えてる「私たちがかわいそうと思わない苦痛」の発見と軽減に役立つ視点を持てるようになることを目指します。

第二部:MO(動機付け操作 Motivating Operation)(1.5時間)

講師:西牟田真麻(UNT修士課程応用行動分析学専攻)

正の強化を使っていて、あるとき今まで使っていた刺激・ものが、正の強化子として作用しないときって、ないですか? そういうとき、みなさんはこの状況をどう理解しますか?この子は’モチベーションがない’、’やる気がない’、などとラベルを貼っていませんか?
行動分析では、こういう状態でも常に環境に注目し今まで作用していた正の強化子が正の強化子として作用しない状態はどんなものなのかを分析します。

この講義では、みなさんにABCである3 term contingency(三項随伴性)の関係をもう少し深く理解するために、行動(B)と後続事象(C)に大いに影響する先行事象(A)の部分にあるMotivating Operation (MO) を入れた4 term contingency(四項随伴性)を紹介します。MOとはどんなものなのか(定義)、MOの種類、MOの例、MOを知っているのと知っていないのとではどうトレーニングに役立つのかなどをお話します。 そして最後に、みなさんが自由に発言でき、一緒に考える嫌悪刺激の位置付けについてのエクササイズを準備しています。

この講義を通して、MOを含めた4 term contingencyについて学び、行動と環境の関係と嫌悪刺激の位置付けの理解を目指します。

※オプション(ご希望がある場合のみ、上記の本講義の前に実施します。本講義とは別に料金が発生いたします)

行動分析入門ミニ講座行動はなぜ起こるのか(1時間)

講師:齋藤美紀, CPDT-KA

行動分析に親しみがない方のための、行動と行動変化のしくみを理解するためのミニ講座です。 学校や本で学ぶまで、心臓がどうして動いているのかわかりませんよね。生まれた時から心臓を動かし続けているにもかかわらず。それと同じで、私たちは生まれたときから行動をし続けていますが、実は行動のしくみを理解していません。ですから、自分が感じることから、例えば、感情や性格などと行動を結びつけて、それが行動の理由だと考えてしまいます。でも、実際には、行動を生み、維持している原因は、その人の中ではなく環境の中に存在しています。そして、法則的です。そんな、行動変化を研究する科学である行動分析の視点から、行動はなぜ起こるのかについてお話します。行動分析の入門講座です。

ーーーーー

セミナー実施可能日:

2016年12月19日(名古屋)、20日(大阪・動物園前)、26日(東京・渋谷)、2017年1月7日(福岡)

講師料:

お問い合わせください。

講師のご依頼&お問い合わせ先:

※今回のイベントのご依頼は2016年12月28日を以って終了いたしました。

kurochibi1123@gmail.com (西牟田真麻)

※ご連絡いただく際は、団体(企業)名およびご担当者のお名前、ご連絡先(メールアドレス)、セミナー開催場所(地域)、開催希望時間帯(あれば)をお書き添えください。

※セミナー会場の確保、準備、参加者の募集、受講者からの問い合わせ、セミナー当日の参加者対応等はすべて、セミナーホストの方にお願いいたします。セミナー会場の費用もご負担いただきます。

講師プロフィール:

 

  • 齋藤美紀, CPDT-KA
    東京都目黒区在住。The Smart Dog Owner Academy主催・講師。犬の行動とトレーニングのコンサルタントとして、また、ブラインドドッグ(目の見えない犬)のトレーニングのエキスパートとして、応用行動分析学の知識と技術、それらを応用したケアやトレーニングの方法、倫理などについて、セミナー、ワークショップ、Youtube、雑誌記事等を通して発信(2017年6月には書籍を出版予定)。人の飼養・管理下にある動物たちの生活向上と、それを実現するための行動とトレーニングの知識と技術の普及を目指す。 http://markandreward.com/
    http://BlindDogTraining.com/
    https://www.facebook.com/mikisaitoc…
    http://www.youtube.com/tdfn
  • 西牟田真麻
    大阪出身・テキサス在住・北テキサス大学院一年生(応用行動分析学専攻)
    応用行動分析学の基礎・応用・技術を授業や教授たちから学び、愛馬であるジャクソンのトレーニングに応用しています。私が提供するトレーニングや環境に対するジャクソンからのフィードバックを常に大事にし、ジャクソンが選択したり、ジャクソンからのフィードバックを常に受けられるにはどういうシステムをトレーニングに入れるといいのかや、どういうふうに双方向のトレーニングを確立し実現させられるのか、などに興味を持ち、いろんな研究を目指しています。

13729138_1110224355692250_4902300850993267388_n

Advertisements